新型コロナワクチン、という名の、コロナウイルス遺伝子注入について

2019年からの新型コロナウイルス感染に対する、新型コロナワクチンと称するコロナ遺伝子の注射が、世界的に、また、日本国内でも強い圧力として推進されています。

 

当院では、今回の新型コロナワクチン注射は、安全性が全く担保されていないものと判断し、注射は行いません。 自身が診ている患者様に危害を与えることになるかもしれない行為は、私にはできません。 なぜなら、私自身が科学を信頼する医学研究者であり、また実際に患者を診る臨床医であるからです。

 

以下、注射をしない理由を箇条書きに記載します。

 

① ワクチンと呼んでいることに、まず重大な問題があります。 

 

  今までのワクチンは、実際にウイルスを培養し、そのウイルスが危険であれば機能しない処置(不活化)を行い、人体の皮下に注射し、近傍に集まってきた免疫系細胞に外殻タンパク質を認識させ、以後の免疫反応を引き起こさせるというものでした。 この場合のウイルスは、それ自体機能もなく、人体の局所で利用され、代謝/除去されていきます。

  一方、今回の、『新しいワクチン』というのは、コロナウイルスの遺伝子そのものを脂質2重膜(細胞膜のようなもの)に封入し、筋肉注射をすることで、全身の細胞個々に到達させます。 コロナの遺伝子を取り込んだ免疫細胞内では、元の細胞の持っている翻訳系という遺伝子からタンパク質を作る仕組みを、そのまま利用し、人間の細胞内でウイルス外殻タンパク質を作らせます。 そしてそのタンパク質を認識することで免疫反応を惹起しようとするものです。

  すなわち、新型コロナワクチンと言葉を置き換えていますが、実際は遺伝子を生体内に注入する、『遺伝子治療』、と全く同等です。 『遺伝子治療』は、末期がんや先天的な酵素欠損患者などに使用することがありますが、その使用には、きわめて厳格な安全性と有効性の立証、および強い患者本人の同意が必要となります。 大学や高度医療を提供する医療機関でも、手順をしっかり踏まなければ、おいそれとはできません。

  多くの方が、『ワクチン』、という言葉への言い換えにより、インフルエンザや肺炎球菌、風疹や水痘などよく知られた、従来の『ワクチン』、と同じと思われているのではないでしょうか? 通常の『ワクチン』、であっても、人種によって強力な障害が顕著に表れてしまう、子宮頸がんワクチンなどのような例もあり、通常の『ワクチン』、でさえも完全に安全というわけではありません。 ましてや過去に例がない『コロナ遺伝子注入』、は危険と考えるのが常識的です。

 

② 体内に外来遺伝子が侵入するとはどういうことなのか?

 

  外来遺伝子を体内に入れる、ということは簡単に許されることなのか?という点です。 末期がん患者に対する治療として、がん抑制遺伝子をはじめとして様々な遺伝子を体内に入れることで、がんの進展や転移を抑えることが分かっています。 末期がん患者にとっては、最後の手段に近いものがあります。 世界でも行われていますが、非常に厳密な遺伝子の運搬方法が求められ、それが実用化への障壁となっています。 簡単に言えば、がん細胞だけに遺伝子は運搬されてほしいのです。 正常細胞には運搬されないことが好ましいのです。 正常細胞の機能が大きく阻害される可能性が高いためです。 抗がん剤が、がん細胞だけでなく、正常細胞にも影響を与えて重大な副作用を起こすことと同じです。 結局、治療のための手段で、重大な副作用で苦痛を増大させたり、死期を早めたりすることがあるからです。 確実にがん細胞だけに運搬する方法がない現在、がん治療に対しての遺伝子治療は、慎重を期して、症例を厳選、限定して行われているのです。 

  翻って、今回の新型コロナウイルス遺伝子注入は、これらの危険性を全く無視して、行われる人体実験だということです。 遺伝子の標的とする細胞はなく、無差別に体内すべての細胞に到達することが分かっています。 人の細胞は、組織や局在によりそれぞれ異なる機能を有しつつ、再生と消滅を繰り返しています。 それらがどのような影響を受けるか、というのは全く未知の領域です。 

  一つ免疫系に関して考えてみましょう。 免疫は、細菌やウイルス感染、癌化という病的現象に対して、それから逃れ、正常な働きを取り戻すため、哺乳類が進化の過程で獲得してきた装置です。 そのために、免疫系の存在価値を極言すれば、『自己』と『非自己』を見分ける能力、『自分』と『敵』を見分ける能力です。 免疫系細胞に、今回のコロナ遺伝子が入ってしまうとどうなるでしょうか? コロナ遺伝子によって免疫細胞の中で作られるタンパク質は、本来は『非自己』で『敵』にもかかわらず、『自己』であり『味方』であると判断する危険性が高いのです。 

  コロナ遺伝子注入を受けた人に、受けていない人よりも感染者が多いという接種先行諸国のデータは、免疫系が本来の働きを失っているということだと考えられます。 抗体を作るのはB細胞というリンパ球ですが、抗体を作らないでも大概のウイルス感染は、T細胞というリンパ球の働きで排除することができる自然免疫が働きますが、注入遺伝子により『自己』『非自己』の区別ができなくなっていると考えると理解できます。 

 

③ 体内に入った遺伝子はどうなるのか?

 

  ウイルスの遺伝子は、大きく分けて、DNAタイプとRNAタイプがあります。

新型コロナウイルスは、RNAタイプといわれています。 遺伝子は、たった4種類の塩基からできていますが、その構成がDNAは、アデニン、グアニン、シトシン、チミンですが、RNAはアデニン、グアニン、シトシン、ウラシルと1種類が変わります。 

  ではRNAにはどんな働きがあるのでしょうか?

  もちろん、DNAの遺伝情報から読み替えられて、RNAとなり、数段階を経てタンパク質を作ります。 この場合、RNAの多くはその過程で消失します。

  その他の機能として、遺伝子ではありますが、酵素活性をもつものも知られています。 酵素活性は本来タンパク質が持つ機能ですが、意外にも遺伝子のうちRNAにもその活性があります。 また、血液を凝固させる能力があることも知りました。 最近では、あるタンパク質の働きを抑えるために干渉RNAというような実験手法にもRNAが使われています。

  今回のスパイク蛋白をコードしているRNAは、簡単に分解されないように、塩基の一部の化学構造を人工的に変化させ、長時間作用するように手が加えられています。

  これらのことを考え合わせると、RNAを体内の細胞に注入するということは、想像もできないようなことが起こる可能性もあるということです。 これを裏付けるように、この遺伝子を注入された方が血栓を形成し、全身の血管内に血栓を形成する、という報告はこれを裏付けています。

 

④ 接種後の安全性に関しては全く担保されていない。 特に中長期の安全性は全くの未知です。

 

  遺伝子治療では、長期にわたる基礎研究と、安全性の確認のため動物実験を繰り返し、最終的に人体での安全性と有効性の確認を何段階もかけて行います。 その過程で、危険性が高かったり、有効性が弱いものは消えていきます。 ですから、人体に、特定の遺伝子を導入する『遺伝子治療』、を行うためには、膨大な数の研究者と膨大な手間と時間がかかるのです。 それでも実用化されるものは、ごくごくわずかです。 非常にハードルが高いのです。

  全く同じ領域である今回の『コロナ遺伝子注入』、に対しては、そのような手順が踏まれていません。 動物実験の短期・中期・長期の障害発生や安全性のデータは明確に開示されていません。 いきなり人間で実験しているといわれても否定できません。 ですから、製薬会社には製造者責任は課さないということになったのでしょう。 きちんと検証実験をしていなければ、会社は責任が取れませんから。

  現在、一番恐れられているのは、注射された遺伝子が長期にわたり体内に存在するのではないか?そして、場合によってはDNAに変換されて、もともとの本人の遺伝子に影響を与えるのではないか?ということです。 

  さらに、抗体依存性感染増強(ADE)、と言われる、RNA型ウイルスにみられる現象についても、安全性は確認されていません。 RNAウイルスの場合、あるものは抗体を事前に体内に作成されていると、その変異型ウイルスが感染したときに、まさに武漢で起こったようなSARSという致死的な呼吸不全を起こしやすくなるという現象で、いまだメカニズムも解明されているとは言えません。 RNAウイルスは感染力を示すスパイク蛋白部分に、自然変異がとても頻回に起こることに特徴があります。 これも、コロナウイルス遺伝子を注入した方の中で、変異ウイルスに感染した場合にどうなるのか?今年の冬以降の状況を待たなければわかりません。 ただし、5月末に大阪大学から抗体依存性感染増強が、今回のウイルスで起こる可能性があることが発見され報告されました。 

  また海外で2度ワクチン接種を受けた方が、再度新型コロナ感染をして死亡したおいう事例報告も増えています。 とくに、海外での先行事例から、ブースター接種を行えば行うほど、自然免疫能が低下するということとも矛盾がありません。

  少なくとも、外来遺伝子を直接生きている人間の細胞に人工的に取り込ませるのですから、どのような反応が起こってくるのかは、時間がたってからわかってくると思います。 注射を受けてしまった方にこれから何が起こるのかを見守っているとも言えます。 

  以上を考えれば、コロナワクチン=コロナ遺伝子注入、は避けるに越したことはありません

 

⑤ 短期的な影響として、現在の世界的な副反応の状況はどうなのか?

 

  コロナ遺伝子注入が、早いスピードで推進された欧米の状況を示します。 ワクチンの副反応を取りまとめる研究機関に発表されているものです。

2022年5月7日時点で、EU諸国では、4,279,200が強い障害を受け、ほぼ半数は重篤な状態で、さらに44,348が亡くなっています。 2022年5月6日の時点で、アメリカでは、1,261,149が強い障害を受け、やはり半数が重篤な状態で、さらに、27,968人が亡くなっています。 アメリカのデータは注射後48時間以内の死亡者ですから、それ以後も入れるとさらに大きな数になるであろうことは想像に難くないです。 海外では、不妊や流産の報告もあります。 また、若年者への注射で心筋炎が起こることも認められ、打ち込まれた遺伝子の産物であるスパイク蛋白自体が、毒素そのもので凝血作用を示し、心筋に直接ダメージを与えるという因果関係が強く示唆されています。

  日本でも、2022年5月13日時点で、1,711人が亡くなられて重篤な副反応は21,807人が報告されています。ただし、欧米でも日本でも公表報告されるのは、全体の10%程度ですから、実際には、10倍以上の副反応があっても不思議ではありません。推計でも、コロナ遺伝子注入に伴う死亡者は17,000人程度になるのではないかと予想されています。本当のコロナ感染での死亡者は、1号患者から3,000~4,000人程度であり、はるかに多くの方が遺伝子注入で亡くなっているという点でも危機的と判断します。

 

⑥ 『最後に、、、』

 

  報道や市町村からのパンフレットには、重大な副反応や死亡などの情報は、意図的なのかもしれませんが、伝えられていません。 これでは、一般の方は正確に判断ができません。 良い情報もあれば、悪い情報もあるのです。 両者をしっかり伝えて、注射を受けるかどうかの判断材料を提供する必要があります。 今回の新型コロナ遺伝子注入(新型コロナワクチン接種)に関しては、強制ではありません。 ただ、医療を行っているものとして、科学者として、都合の良い一方的な情報だけではなく、都合の悪い多角的な情報を提供する必要があると考え、この文章を書きました。 

  この文章が、皆様一人一人にとって、一つの判断材料になれば幸いです。